こんにちは、威海市運都水産食品有限公司にようこそ。
【威海運都】☆ここで一番人気があるのは海ではないです






海鮮といえば、食べている人たちのよだれがもうすぐ降ります。あのすばらしいエビとカニの魚は想像してみるととても美しいです。
タラバガニまでは、小魚まで、海産物さえあればテーブルの上にあります。他の食べ物は脇役のようです。しかし、残念なことに、海産物の価格は普通高くて、のんびりと海鮮を食べたら、土を食べなければなりません。そのため、安くて美味しい海産物を探すのも、私たちがいつも求めています。
これはマレーシアに帰ります。同じ島だと気づきました。馬の海鮮は国内より一つ二つの等級より安いです。カードを打つのは観光客の店と言える「大茄子来海鮮レストラン」ですが、値段はちょっと高いです。でも、食事をすると、この価格は国内のどの都市に比べても比べられません。

 

 

 

このような大きな虎エビは30馬元で一斤です。石斑魚は50馬元で一斤です。私は目まいがするのではないかと疑っていました。海鮮プールを見て、価格を見たら、全部いい商品ですね。国内で一回食べる価格はこちらの三倍ぐらいだと思います。馬を好きになった理由にもう一つを加えました。すばらしいです。価格も手ごろな海産物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この時ただ腹の皮があまり大きくないことを恨んで、石のぶちの魚、トラのエビ、ハマグリのスープ、新鮮でまた美しいです。

 

 

 

地元ならではの野菜や炒めビーフンも素敵です。米粉はちょっと国内の湖頭の米粉に似ていて、歯ごたえがあります。ビーフン一つとエビのむき身も10元ぐらいです。
海鮮を食べるならもちろんお酒と一緒にします。当地の特色のあるタイガービールを一本ください。サバ州のお茶は独特な特色があります。ただ、大葉巻きのお茶は富源のものよりはかなり悪いです。

 


このように食事には飲み物を含めて150馬元しかないです。人民元に換算すれば200元以上で、一人当たり60元ぐらいです。マレーシアに行ったら、海産物を食べないと損です。




私達に注目して、最新の水産動態を理解してください:


新浪微博主体:Cn-trantic


新品のホットライン:+86 0631-7868318


 

威海運都—あなたの海の栄養専門家


{$webtitle}url:http://www.yundufood.com

粉食品丨威海輸出入貿易会社丨威海調理食品丨竹莢魚排丨威海運都電子商取引丨威海特産品丨竹莢魚排丨威海海産物会社丨威海海産物供給商丨威海生鮮丨威海天婦羅丨威海食品加工丨威海水製品